医療・介護のご案内

イベント

-

QRコード

QR code

西都保健生活協同組合 

経鼻内視鏡検査(胃カメラ)

ホーム清瀬診療所 経鼻内視鏡検査(胃カメラ)

経鼻内視鏡よくあるご質問

回答 清瀬診療所所長 伊藤芳樹


経鼻内視鏡とは?

従来は胃カメラ用の内視鏡を口から挿入していましたが、鼻腔から挿入して胃や十二指腸を検査する方法です。清瀬診療所は2006年6月から、始めました。


このページの先頭に

従来の方法とどのような違いがあるの?

口から挿入する場合は舌根(舌の付け根のところです)に触れるため、「オエッ」とする咽頭反射が起こります。胃カメラがつらい理由は主にこのことが原因します。鼻から挿入した場合はこの舌根に触れないため咽頭反射が起きにくくなります。そのために苦しくない胃カメラ検査として注目されるようになりました。


このページの先頭に

経鼻内視鏡の長所は?

主に6点あります。?検査中会話ができる?嘔吐反射がほとんどない?検査終了後、比較的早く、飲水・飲食が可能?苦痛が少なく、注射による麻酔はほとんどの人が不要?前処置の麻酔量が少なくてすむ?細くても組織検査が可能--などです。


このページの先頭に

逆に、経鼻内視鏡の短所は?

主に4点あります。?まれに、前処置や抜去時に鼻出血がみられる?前処置や検査中に鼻の痛みを感じることがある?内視鏡が細い為、水切れや泡切れが悪く、時間がかかる?細いため視野が狭く、操作性も落ちる--などです。


このページの先頭に

なぜ今まで出来なかったの?

鼻から挿入する場合には今までの内視鏡では太すぎて入りません。入ったとしても痛くて検査になりません。鼻からの挿入には細い内視鏡が必要です。しかし細くなるとその分だけ解像度が落ちるため、細くても解像度が落ちない内視鏡の開発が必要でした。

このたび清瀬診療所では従来の内視鏡と変わりない解像度を持ちながら約5mmという半分の太さの内視鏡(オリンパスN260)を導入しました。ちなみにこれは最も細い胃カメラと言われています。


このページの先頭に

鼻からの挿入は痛くないの?

今回導入するため私も受けてみました。挿入前に鼻の通りをよくする点鼻薬を点鼻後、麻酔剤を鼻に注入します。私の経験では鼻は全く痛くありませんし、「オエッ」とも来ませんでした。検査中も普通にしゃべることが出来ました。

経鼻内視鏡の直径を比較すると、従来サイズは8ミリ、経鼻内視鏡は5ミリです。細くとも観察画面は高画質です。超小型CCDカメラを搭載しているためで、医師は通常の内視鏡と同等の高画質で観察を行えます。


このページの先頭に

胃カメラ検査は全て鼻からの挿入になってしまうの?

そんなことはありません。胃内視鏡による治療はいろいろな処置具を内視鏡の中から挿入しなければなりませんので一定の太さが必要です。

したがって経鼻内視鏡で出来ることは観察と生検と言って組織を一部つまんで顕微鏡で調べる検査は出来ますが、治療内視鏡は出来ません。また鼻の病気を持っている方や鼻出血の起こり易い方、鼻腔の狭い方は口からの挿入のほうが良いです。

従来法を希望される方もおられます。清瀬診療所では当面は経鼻内視鏡と従来の内視鏡を交互に使用する予定です。

(写真:一般の内視鏡と極細内視鏡。上の一般内視鏡は9.0mm、4アングル。下の極細経鼻内視鏡は5.2mm、2アングルのものです)


このページの先頭に

 

印刷用画面