医療・介護のご案内

イベント

-

QRコード

QR code

西都保健生活協同組合 

地域医療連携 北多摩生協

ホーム 北多摩生協診療所 地域医療連携

北多摩生協診療所が提携する地域の医療機関です


 

多摩北部医療センター(東京都東村山市青葉町)

多摩北部医療センターは平成17年4月、財団法人東京都保健医療公社に運営移管され、それまで培ってきた高齢者に適した低侵襲性医療に加え、小児を含む全年齢層に適正な医療を提供する病院として再出発しました。


立川相互病院(東京都立川市錦町)

立川相互病院は、立川相互ふれあいクリニックとともに、外来・訪問診療・健診・人工透析・入院医療を総合的に行なっています。

立川相互病院は入院設備をもつ急性期病院として、また立川相互ふれあいクリニックは外来・往診・健診を中心にそれぞれ連携し親身な医療をご提供しています。また、入院時差額ベット代はありません。


公立昭和病院(小平市天神町)

患者の立場に立ち、最前の医療を早く親切に提供する市民のための病院です。中核病院として地域医療を支援します。

昭和病院組合は、昭和3年7月に伝染病院設置を目的として関係町村により設立され、 現在では、東京多摩地区北部の小金井市、小平市、東村山市、東久留米市、 清瀬市、東大和市、武蔵村山市および西東京市により組織されています。


(財)結核予防会 新山手病院(東京都東村山市諏訪町)

1942年(昭和17年)に現在の地に設置されました。これまでも医療ソーシャルワーク、集団検診、訪問看護、リハビリテーションの実施や、老人福祉施設の設置など他の病院に先駆けて行ってきました。予防、診療、入院、看護、福祉をトータルに提供できる病院であることをめざして、地域と共にあゆむ病院です。


(財)結核予防会 新山手病院(東京都東村山市諏訪町)

新山手病院は、昭和14年結核予防会が発足すると同時に、当時、武蔵野ケ原の真只中にあった、この地に開設されました。当時「国民病」と怖れられた肺結核の診療に、全国有数な施設として役割を担ってきました。その後、結核症の減少に伴い、地域病院としての機能を加えて、時代に適応して発展してきました。

現在では、この伝統の上にある呼吸器科の他、内科、外科、消化器科、整形外科、循環器科、泌尿器科、歯科口腔外科、麻酔科などの診療科目を整備して、皮膚科、眼科などの一般診療に加えて、乳腺科、肛門科などの専門外来を開いています。



 

印刷用画面