医療・介護のご案内

イベント

-

QRコード

QR code

西都保健生活協同組合 

「なまはげ キャンペーン」実践編

困っていないかな?

  • 顔・腕に傷や内出血がある
    • ⇒転倒しやすい? 目がよく見えない?
  • なんとなく臭いがある、いつも同じ服を着ている
    • ⇒入浴できない? 洗濯できない?
  • 元気がない、以前に比べ痩せてきた  
    • ⇒食事が取れない? 買い物できない?
  • 友人同士でお話をしていて居眠り
    • ⇒夜眠れない?
  • 最近見かけない、友人と交流がなくなった
    • ⇒悩み? 心身に異変?

本人、家族に声をかけてみましょう。 通院中の病院・診療所に相談してみることをお勧めしましょう。 介護認定申請をお勧めしましょう。

介護保険認定申請の流れ

  1. 市役所で、、、
    • 「介護保険の認定申請をしたい」とお話ください。担当窓口を教えてくれます。担当窓口で、介護保険申請書を受け取り、住所氏名、主治医(現在通院している病院あるいは診療所の医師の名前)等記入します。
    • 注:本人ではなくとも、代理での申請が可能です。例えば、居宅支援事業所、家族や友人が申請用紙を提出することもできます。
  2. あなたのお宅で、、、
    • 市から委託を受けた介護認定調査員が、あなたのお宅(入院中の病院)を訪問し、聞き取り調査します。(できればご家族も同席し、生活の中で困っていること等お伝えください)
  3. 主治医が、、、
    • 主治医に主治医意見書が送付され、記入し、市に送り返します。(あらかじめ、医師に現在の状態、生活の中で困っていることや、使いたい介護サービスについて、伝えておくと、よいでしょう)
  4. 認定審査委員会で、、、
    • コンピューターでの一次判定後、介護認定調査票と主治医意見書をもとに、介護度が認定され、介護保険証が、送られます。
  5. 介護サービスは、、、
    • 介護認定申請した日から、介護サービスを受けられます。できるだけ早く介護支援専門員(ケアマネージャー)と、相談を始めましょう。認定された介護度によって、受けられるサービスや時間等が異なりますが、訪問看護・訪問リハビリテーション・訪問介護(ヘルパー)・訪問入浴・通所サービス・ショートステイ・福祉用具貸与・住宅改修などがあります。

通院中の病院・診療所を上手に利用しましょう

定期通院していても、

  • 医師が、利用者の生活に配慮できていない
  • 一方、利用者も、医師に、生活に配慮してもらうような働きかけをしていない

――ことが、多いようです。

 通院中の病院や診療所の、医師・看護師・ケースワーカーに、「腰が痛いので、床から起き上がるのがつらい。介護用ベッドがあれば、動ける。」「食事の支度はできるけれど、洗濯物を干すのが大変なので、ヘルパーさんに手伝ってもらいたい。」等、具体的な、困っている場面と、介護サービス利用の希望を、お話してみましょう。

西都保健生活協同組合
北多摩クリニック 所長 保坂幸男


介護保険の認定申請と介護サービス利用について説明をする出前講演(保坂 30-60分 交通費実費のみ)も可能です。

北多摩クリニック に ご連絡ください(電話 042-493-6129)

ケアマネから医師への情報提供書 もご覧下さい http://www.saito.coop/article.php/20090712111150732

印刷用画面