医療・介護のご案内

イベント

-

QRコード

QR code

西都保健生活協同組合 
「たぬきのひとりごと」

腹の脂に届くか やせる想い その3

腹の脂に届くか やせる想い その3

琴線に触れるよりも、導火線となるふるまいが多く、その自覚もありますが、ただ歩いていて、パンダの車の制服に、何故度々呼び止められるのか納得できない北クリの保坂です。ボクシングの世界チャンプも同じ経験をしているようで、彼らの観察眼と学習能力の無さが問題なのだろうと、理解はしていますが、街を歩く時、常に白衣を着て、聴診器をぶら下げてみようかと思うけど、かえって怪しいかしらん。

 

ダイエット2カ月で挫折

ダイエットしてみたものの、一日おきには、バナナを小腹に入れ、トンカツも毎日食べたいぐらいのもので、あえなく挫折。じゃあ動いて消費したらいいじゃないか。でも待て待て。240cal消費しようと考えたら、毎日今よりも67分多く歩く必要があるわけで、一日25時間必要になっちゃう。

で、作戦変更。運動とダイエット合計で240kcal減とする。しっかり動いた日は、いつもどおりに食べる。ちょっとしか動けない日は、トンカツの衣を表だけ食べてカロリーダウン。上手にダイエットできた日は、グーたらできる。これなら気楽だし、簡単。我ながらいいアイディアだと悦に入っていたが、T重婦長さんの、呆れ顔をみると、さほどのものではないのか。

 

運動メニューづくり

白衣は持っていなくとも、見た目がアンパンマンでも、私は医者。ちょとだけ科学的に、私の生活の中で+αできる動きと、カロリー消費量を、現在の体重67kgで当てはめ、考えてみました。

METSという単位があります。これは、座って安静にしている状態を1METSとしたときの身体活動の強度を表すものです。1.05×(体重kg)× (METS)×(時間) でエネルギー消費量が計算できます。

訪問看護婦さんのご機嫌を伺いながら水天宮まで歩くと3METS3往復23分で80kcal。プーさんのキグルミを着て速足だと5METSだから水天宮2往復で80kcal。お昼の食事支度2.5METS 1030kcal。沢田研二ヒットメドレーを歌う1.5METS 1020kcal。いづれも午前の外来中にもできることで、忙しそうに動き回っている姿は、いかにもお医者さんらしく見えそうなのが、好もしい。

家でも色々できそうです。2週に1回だけのひげそりを、毎日したら2METS 10 25kcal。風呂場の掃除3.8METS 7分で30kcal。女房も喜んでくれるだろうか。多摩湖の急坂一周コース20分は7METS 160kcal。車の洗車・雨戸の開け閉め3METS、車椅子押し4METSも組み合わせたら、これでばっちり240kcalにもできます。

 

あまり気張らずに

インターネットで、METSを検索して、皆さんも自分なりの運動メニューをつくってみましょうか。(METS) x (時間) = Ex(身体活動量)。内臓脂肪を燃やすための運動の目標量は、3METS以上の身体活動を週に合計23Exが、目安です。

でも、あまり難しく考えず、座ってテレビを見ながら、毎食後15分づつ、ストレッチ2.5METSをしてみましょう (セラバンドでさらに強度アップ)。体重50キログラムの方で、100kcalも消費できます。特に食後の運動は効果的で、脂をため込まずにすむ体づくりになります。

寝ているよりも座る、座っているより立つ、立っているより歩く。黙っているより歌を歌い、おしゃべりする。車に乗っていても、信号待ちで肩こり体操を。貧乏ゆすりでもいい。今の生活よりも、少し心がけすることでMETSがアップします。

まめに動いて、ちょっとのダイエットして、H野さんの評価とは別に、私の腹の脂は、順調に減っています。そのうちには、鼻の下だけ寺尾聡として、お目にかかることができるでしょう。、、、か?

(東京共済2012年 7月1日号) おしまい